『平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書』を書こう!

これも会社員時代に見たことある書類だと思います。

書類タイトルの通り、「会社員さんの給与から保険料と配偶者控除をしてもらうための書類」です。

 

誰が書くの→給料を受け取っている会社員個人

どこに提出するの→勤め先

勤め先(法人)は、この書類をどこに提出してるの→実質、法人保管(問い合わせがあったら提出できるようにする)

 

この書類はなんの為に書くの?→給料から、保険料や扶養控除などできるものを引いて、会社員個人の税金計算をするため。

 

前回は、

『平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』

今回は、

『平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書』

 

この2通の書類は、似たような内容を書いて、意味合い概要も「会社員の給料から控除計算するため」なのに、

どうして年度が違う書類が、同じ封筒に入って税務署から届いたの?

→似てるけど、違う意味合い書類だから。

 

『平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』

→平成30年の最初の給与支払いを受ける日の前日までに勤め先に提出する書類(一応、守らているかは???)

→これを見て、法人は各従業員個人の年間給与から扶養控除の計算をする。

異動=転職して再就職したって意味でざっくりとらえています。

 

『平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書』

→平成29年分の年末調整の時に使う書類。これを見て、法人は年末調整として各従業員の年間給与から特別配偶者、保険料などの控除計算をする。

 

ってなことで、会社員個人の計算がされてるんだな~とザックリ思っています。

私は、控除や手当等の対象になる者ではないので、この書類はいつもシンプルに

自分の情報(会社員・個人として)

扶養親族情報

保険情報

ぐらいしか書いたことはありませんし、フォーマットはチョコチョコと変わるものだと思いますので、毎年、国税庁HPでチェックしてます。