情報共有の大切さ。実体験版!

医師、ケアマネ、介護施設などなど、各方面との情報共有ってどうやってしてます?

うちの要介護者の親族の状態として「伝言」はできません。

いわゆる「○日、△時にデイがあります。」ってことを忘れている。という表現でもいいし、理解自体ができてないという表現でもいいが、とにかく「できない」んで、何度も何度も、介護でお世話になっている方々にお伝えしてます。

カレンダーに書いても、メモを渡しても、、、「できない」

んで、できないことを無理に強要してもできないので、プロにまかせようと思う。

リハビリ等の人との接し方で改善されるか、もしくは他の方法がいいのかは、人ソレゾレなので。

家族は家族であって、介護のプロじゃないからね。

だから、できないって何度も伝えてるのに、なぜか情報共有ができておらず、お互いがバタつくってのは、お互いストレスですよね。

ものすっごくケアマネさんが頑張ってくれているし、介護施設の方々もビックリするほど、丁寧に接してくれる。

だから、お互いケアレスミスの「情報共有」でミスらないように、何かいい具体案ないかな~と模索している次第です。

猫太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です