「失敗したお笑い話」カテゴリーアーカイブ

e-Taxで失敗したお話 利用者識別番号と(利用者識別番号の)暗証番号が必要だよ。

私は「平成28年度 確定申告」をe-Taxでしようとマイナンバーカードの事前申し込みをしたり、指定機種のカードリーダーを買って読み込めるようにしました。

さあ、準備はOKだ!

と、勘違いしてしまい、結局、その年度の確定申告はオンラインでできませんでした。

 

それは・・・ギリギリの3月15日の夕方でした。

とうとうe-Tax上で確定申告の書類書き込みが終わり、申告処理に入る時に画面に出たのは

「利用者識別番号と暗証番号を入れてください。」

みたいな文言です。

私が準備していた番号はマイナンバーに関するものだけでした。それでも利用者識別番号は、なんとかわかったのですが・・・暗証番号は完全に失念してました。

 

暗証番号を忘れた場合の手続き処理に進むと、「暗証番号は後日、郵送で~」って表示がされました。

 

そう、その場で暗証番号の確認や再発行はできず・・・

結局、e-Taxの「(確定申告)書類で申請」の処理をして、印刷をして、郵便局へ駆け込みました。

15日消印有効なので、消印は間違いなく15日付けであることを確認して郵便局員さんへお願いして、その年の確定申告は終わりました。

 

これから確定申告をe-Taxでされる方にお伝えしたい!

マイナンバーカード、マイナンバーカード暗証番号、カードリーダーの設定などもあるけれど

「利用者識別番号」「利用者識別番号の暗証番号」も必要です!

 

そんな私のバカ話でした。

やっぱり準備が大切です。そして、時間に対する余裕も大事です。